2003-15.香嵐渓2003 (1)カタクリ

香嵐渓のカタクリ(03.3.31(月)):薄紫色の満開のカタクリ。

春の訪れとともに、2年前の2001.4.1の時と同様に、今年も愛知県足助町の
香嵐渓で、数10万本のカタクリの花が満開になりました。

写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。

1.香嵐渓・カタクリ 2.カタクリと日の光
香嵐渓・カタクリ
カタクリと日の光
3.薄紫色のカタクリ 4.いっせいに開いたカタクリの花
薄紫色のカタクリ
いっせいに開いたカタクリの花
5.白と薄紫のカタクリ 白いカタクリの花
白と薄紫のカタクリ
6.白いカタクリの花

[香嵐渓のカタクリ]
3/31(月):知多 − 御立町 − 鞍ケ池公園 − 追分交叉点 − 香嵐渓
  知多7時発、豊明市内通過後、R57・R153・R343・R39・R153経由で、
  9:40分頃、香嵐渓着。
  飯盛山の斜面にも日が当り始め、いっせいにカタクリの花が開き、
  見事な眺めを楽しみました。


No.1:香嵐渓・カタクリ
No.2:カタクリと日の光、カタクリの花は日の光があたると開く。
No.3:薄紫色のカタクリ

No.4:いっせいに開いたカタクリの花
No.5:白と薄紫のカタクリ
No.6:白いカタクリの花



[香嵐渓のカタクリ]
(場所)愛知県足助町香嵐渓
     
(交通)電車・バス:名鉄電車豊田市駅より名鉄バスで約1時間
(見頃)愛知県足助町香嵐渓のカタクリの群生地は、約5,000平方メートル
    に広がってきた。
    2年前の2001.4.1の時と同様に、今年も3/31(月)は満開で見頃。
    香嵐渓のカタクリは15年程前から、町観光協会などが自生の
    花から種を採取し、木々の間に種をまいて増やしてきた。
    樹木が芽を出す直前の3月下旬頃,地上に姿を現して、薄茶色の
    紋様がある葉を出し、10数センチの花茎の先に薄紫色のかれんな
    花が一輪下向きに約2週間咲きます。
    種をまいてから、6〜8年で、花が開くとのこと。




ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ