2003-54.ビーナスの丘のウスユキソウ

ビーナスの丘のウスユキソウ(03.7.28(月)):三峰山・ビーナスの丘のウスユキソウ。
ビーナスライン・三峰展望台近くの1800mH程の三峰山・ビーナスの丘にて、
ウスユキソウ、シナノオトギリ等の花の写真を撮った。

写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.ビーナスの丘・ウスユキソウ  2.ウスユキソウの群生
ビーナスの丘・ウスユキソウ ウスユキソウの群生
 3.シナノオトギリ  4.オオヤマフスマ
シナノオトギリ オオヤマフスマ
 5.シシウドと霧ケ峰の山々  6.コウリンカ
シシウドと霧ケ峰の山々 コウリンカ
 7.リンドウ  8.ムカゴトラノオ
リンドウ ムカゴトラノオ
 

[三峰山・ビーナスの丘]
7/26(土):日野 - 松本IC - 三本滝 - 乗鞍高原(泊)
7/27(日):乗鞍高原 - 上高地 - 乗鞍高原(泊)
7/28(月):乗鞍高原 - 松本 - 三城いこいの広場 - 扉峠
       - 三峰展望台 - 三峰山・ビーナスの丘

9時 乗鞍高原発、R158を走り、松本市内を通過。城東2の信号を右折・R67に入る。
松本市郊外に出て、R67(松本和田線)の山道を走行、10:30分 三城いこいの広場着。
よもぎこば林道を走り、扉峠から無料開放となったビーナスラインを霧ケ峰方向に走行、
11:25分 三峰展望台着(乗鞍高原 - 三峰展望台・85km、2:25分)。


三峰山・ビーナスの丘のハイキング道路を5分程登ったところで、
ウスユキソウ、シナノオトギリ、コウリンカ等の花の写真を撮った。


No.1:ビーナスの丘・ウスユキソウ
    ハイキング道路を5分程登ったところで、ウスユキソウ等の群生を偶然見つけた。
No.2:ウスユキソウの群生
    先端の葉や花が白い毛におおわれたところからウスユキソウ(薄雪草)の名がついたとのこと。 
   
No.3:シナノオトギリ
No.4:オオヤマフスマ

   
No.5:シシウドと霧ケ峰の山々
No.6:コウリンカ

No.7:リンドウ
No.8:ムカゴトラノオ


[三峰山・ビーナスの丘]
(場所)長野県下諏訪町、松本市、和田村
   
(交通)JR中央線上諏訪駅から車で約50分、松本駅から車で約90分。
    
(見頃)
1800mH程度の三峰山・ビーナスの丘では、ウスユキソウ、
シナノオトギリ、コウリンカ等が咲いていた。

(ビーナスライン)
ビーナスラインは、茅野から蓼科、白樺湖、車山、霧ケ峰、八島高原を経て、
美ヶ原までを結ぶ全長75kmのドライブルートで02年春から全線無料開放。

(ビーナスの丘の由来)
ビーナスライン・三峰展望台から三峰山山頂(1887mH)まで約15分の道は、
展望がよくなだらかなハイキングコースなので女性に人気あり。
諏訪・松本・和田村の分岐点にあたる山頂部分は1年の大半が霧に包まれ
神の住む神秘的な場所として伝えられている三峰山の姿が女性を思わせる稜線
なのでビーナスの丘と呼ばれている(三峰展望台の案内板より)。




ご意見/ご感想はこちらまで
「tohtaki@nifty.com」


花紀行のトップページへ