2003-62.清里・横尾山 (1)ナンバンハコベ

清里のナンバンハコベ(03.8.30(土)):清里・東沢渓谷のナンバンハコベ。
1200mH程度の清里高原と東沢渓谷にて、ナンバンハコベ、ミヤマモジズリ、
シラヒゲソウ等の花の写真をMicchiが撮った。

写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.東沢渓谷・ナンバンハコベ  2.ミヤマモジズリ
東沢渓谷・ナンバンハコベ ミヤマモジズリ
 3.アケボノソウ  4.シラヒゲソウ
アケボノソウ シラヒゲソウ
 5.カメバヒキオコシ  6.ツリフネソウ
カメバヒキオコシ ツリフネソウ
 7.アサマフウロ  8.東沢渓谷・乙女の滝
アサマフウロ 東沢渓谷・乙女の滝
 

[清里、東沢渓谷]
8/30(土):八王子 - 清里・ 東沢大橋 - 乙女の滝 - 黄金の砦 - 仙人洞 - 吐竜の滝
    (東沢大橋 - 吐竜の滝・東沢渓谷コース・2.8km、約3hr)  - 大成荘(泊り)
     

朝7:30分JR八王子駅前発の25人乗りのバスにて、11:30分頃清里着。
川俣川・東沢渓谷コースを東沢大橋(12:10分頃)から歩き始め、吐竜の滝近くの
駐車場に3:10分頃着。

東沢渓谷コースおよび大成荘近辺にて、ナンバンハコベ、ミヤマモジズリ、アケボノソウ、
シラヒゲソウ等の花の写真をMicchiが撮った。


No.1:東沢渓谷・ナンバンハコベ
    山野に生えるつる性の多年草。花弁は5個で細く、なんとなくユーモラスな花。
No.2:ミヤマモジズリ、東沢渓谷にて撮った。
    
No.3:アケボノソウ、大成荘近辺にて撮った。
No.4:シラヒゲソウ、大成荘近辺にて撮った。
   山地の湿地に生える多年草。糸状に細かく切れ込んだ花弁を
   白い花に見立ててこの名があるとのこと。

No.5:カメバヒキオコシ、東沢渓谷にて撮った。
   山地の木陰に生える多年草。イヌヤマハッカの変種。
   カメバヒキオコシ(亀葉引起)の名は、葉の形からつけられた(花の「ハイキング」より)。

No.6:ツリフネソウ、東沢渓谷にて撮った。

No.7:アサマフウロ、東沢渓谷にて撮った。
No.8:東沢渓谷・乙女の滝


[清里、東沢渓谷]
(場所)山梨県清里
   問合せ先 高根町観光案内所
(交通)JR小海線清里駅
    
(見頃)標高1200mH程の清里では、ナンバンハコベ、ミヤマモジズリ
アケボノソウ、シラヒゲソウ等が見頃であった。




ご意見/ご感想はこちらまで
「tohtaki@nifty.com」


花紀行のトップページへ