2003-71.十和田湖 (2)発荷峠と休屋の紅葉

十和田湖(03.10.18(土)19(日)):発荷峠と休屋の紅葉。
発荷峠からは十和田湖の展望を撮り、休屋にて紅葉の写真を撮った。


写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.十和田湖・休屋の朝の紅葉  2.青空と赤のモミジ
十和田湖・休屋の朝の紅葉 青空と赤のモミジ
 3.発荷峠からの眺望  4.
発荷峠からの眺望 発荷峠の紅葉
 5.乙女の像  6.朝の湖と遊覧船
乙女の像 朝の湖と遊覧船
 7.黄のモミジ  8.朝陽に光るナナカマドの実
黄のモミジ 朝陽に光るナナカマドの実
 

[十和田湖]
10/18(土):盛岡 - 盛岡IC - 十和田IC - 発荷峠(631mH)
    (盛岡 - 発荷峠・110km、約2hr) - 子ノ口(ねのくち) - 奥入瀬・銚子大滝 -
    瞰湖台 - 休屋・国民宿舎十和田湖温泉 (泊り)
     
10/19(日):休屋 - 発荷峠 - 寺子ノ岬近辺 - 滝ノ沢展望台(698mH) -
    御鼻部山展望台(おはなべやま・1101mH) - 子ノ口 - 奥入瀬

JR盛岡駅(東北新幹線)前でレンタカーを借りて12:40分発、盛岡ICで乗った東北自動車道を
十和田ICで降りる。R103を走行、発荷峠に2:30分着。雨の中の発荷峠(631mH)を3:20分発、
降り始めて約5分後に晴れ間が見え始めた。子ノ口から奥入瀬渓谷沿いのR103の路肩に
駐車して、銚子大滝近辺を散策。
1日目は、休屋の国民宿舎十和田湖温泉(盛岡 - 奥入瀬 - 休屋・143km、PM5時着)泊。

(2)発荷峠と休屋の紅葉
2日目の19(日)は、朝から快晴に恵まれて、朝食前、高村光太郎の乙女の像等の
湖畔沿いの道を散策し、紅葉の写真を撮った。
朝食後、宿舎を8:45分発、発荷峠に再び上った。快晴の下、峠からの展望の写真を撮る。


No.1:十和田湖・休屋の朝の紅葉、モミジの葉が朝陽を受けて、まぶしく輝いている。
No.2:青空と赤のモミジ・休屋

No.3:発荷峠からの眺望
No.4:発荷峠の紅葉

No.5:乙女の像・休屋、高村光太郎最後の作品で十和田湖のシンボルとしても有名。
No.6:朝の湖と遊覧船・休屋

No.7:黄のモミジ
No.8:朝陽に光るナナカマドの実


[十和田湖]
(場所)青森県上北郡十和田湖町
         問合せ先 十和田湖町観光商工課  
(交通)盛岡駅 - 十和田湖(休屋)間の高速バス(定員制)で2:15分。
(見頃)訪問した10/19頃は、標高400mH程度の十和田湖の紅葉が見頃。
標高630mHの発荷峠の紅葉は、最終ステージ。
標高1100mHの御鼻部山展望台は、初冬の景観。




ご意見/ご感想はこちらまで
「tohtaki@nifty.com」


花紀行のトップページへ