2003-3.札幌スキー2003 (3)小樽運河

小樽運河(03.1.23(木):小樽運河のガス燈と氷の船。
小樽運河の竜宮橋、中央橋、浅草橋とふれあいの散歩道を散策し、
雪の運河とガス燈をデジカメに撮った。

写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.雪の小樽運河  2.運河に浮かぶ雪と氷の船
雪の小樽運河 運河に浮かぶ雪と氷の船
 3.小樽運河に咲く赤い実と雪  4.ふれあいの散歩道にたつ乙女の像
小樽運河に咲く赤い実と雪 ふれあいの散歩道にたつ乙女の像
 5.ガス燈と運河に浮かぶ船  6.人力車と倉庫のつらら
ガス燈と運河に浮かぶ船 人力車と倉庫のつらら


[小樽運河]
1/23の午前、小樽駅から徒歩10分程度の小樽運河に行き、雪の
小樽運河ふれあいの散歩道を1hrj弱散策し、デジカメ写真を撮った。

小樽駅から小樽港方向に真っ直ぐ歩き、つき当たりが小樽運河の中央橋。ふれあいの
散策道を左方向に行くと竜宮橋・北浜橋・運河公園、右に行くと浅草橋。

まずは、中央橋から竜宮橋の少し先の10数隻の船を見て、その後中央橋の
方に戻り、浅草橋までの散策コースを取った。


No.1 雪の小樽運河、浅草橋から中央橋方面を撮った。
    前方左側のドーム状の屋上は、ホテルノド小樽。

No.2 運河に浮かぶ雪と氷の船、竜宮橋の少し先に10数隻の船がとまっていた。
    氷・雪の船の先は竜宮橋方向。

No.3 小樽運河に咲く赤い実と雪。枝に棘があり、ノイバラの実(?)でしょうか。
     (名前の判る方、掲示板等で教えて下さい)

No.4 ふれあいの散歩道にたつ乙女の像、竜宮橋の横にたつ。

No.5 ガス燈と運河に浮かぶ船、北浜橋方向を撮った。

No.6 人力車と倉庫のつらら、浅草橋から中央橋方向右側を撮った。


[小樽運河]
(場所)小樽市色内
 (問合せ先)小樽観光協会 小樽駅観光案内所
(交通)JR小樽駅から徒歩10分
(特徴)郷愁の街・小樽は、商都として栄えた名残の場所が数多くある。
小樽港は第1次大戦後、国内屈指の貿易港として栄えた。全盛期の明治末期〜昭和初期、
色内地区には銀行・商社が進出、「北のウォール街」と呼ばれた。
1923年、小樽運河が造られ、石造り倉庫群も形成。今は港湾都市小樽のシンボルとして、
ノスタルジックな世界へ誘ってくれる。

[小樽運河ふれあいの散歩道]
(概要)
 延長   運河区間 660ml
 工期   1982.12〜1987.3
 事業費 約52億円
 照明   散策路・ガス燈(ブロンズ製) 32基   車道・錨のデザイン 29基
  (小樽運河ふれあいの散歩道の案内板より抜粋)




ご意見/ご感想はこちらまで
「tohtaki@nifty.com」


花紀行のトップページへ