2003-28.Memories of Chita 秋・ヒガンバナ

矢勝川堤のヒガンバナ(02.9.16(日)):ごんぎつねの里のヒガンバナとコスモス。
矢勝川堤のごんぎつねの里にて、秋のヒガンバナとコスモス等をデジカメに撮った。

写真1、2、3をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.ごんぎつねの里のヒガンバナ  2.ピンクのヒガンバナ
ごんぎつねの里のヒガンバナ ピンクのヒガンバナ
 3.ごんとコスモス  4.はんだ山車まつり・勢ぞろいした山車
ごんとコスモス はんだ山車まつり・勢ぞろいした山車
 5.はんだ山車まつり・ごんの大幕  6.紅葉谷の紅葉
はんだ山車まつり・ごんの大幕 紅葉谷の紅葉
 


99.6〜03.6の4年間、愛知県知多での単身赴任をいかして、
東海地方の花巡り・デジカメ写真を撮ってきました。

今回は、知多半島の思い出を中心として、春夏秋冬の
花メモリーの特集版・秋をアップしてみました。


02年の秋、矢勝川堤のごんぎつねの里のヒガンバナとコスモス等を撮影。
No.1:ごんぎつねの里のヒガンバナ、02.9.16撮影
No.2:ピンクのヒガンバナ、02.9.16撮影

No.3:ごんとコスモス、02.10.25撮影
No.4:はんだ山車まつり・勢ぞろいした山車、02.10.6撮影

No.5:はんだ山車まつり・ごんの大幕・岩滑新田(やなべしんでん)の旭車、02.10.6撮影
No.6:紅葉谷の紅葉、02.11.30撮影



[矢勝川堤・ごんぎつねの里]
(場所)半田市岩滑(やなべ)・矢勝川堤
作家新美南吉のゴンギツネのごんに因んでの矢勝川堤のごんぎつねの里に、100万本の彼岸花が
見頃であった。「矢勝川の環境を守る会」が中心となって、矢勝川堤に花の散策路を作ってきた。
(交通)名鉄知多半田駅から徒歩20分程度。
(問い合わせ先) 新美南吉記念館

(新美南吉(1913〜1943、愛知県半田市生まれの作家)の童話)
ごんぎつね、手ぶくろを買いに、あかいろうそく、最後の胡弓ひき、おじいさんのランプ他




ご意見/ご感想はこちらまで
「tohtaki@nifty.com」


花紀行のトップページへ