2012-9.シャーク ベイ (4)イルカ

シャーク ベイ(12.1.12(木)):モンキーマイアのイルカとショット オーバー クルーズ
モンキーマイアのビーチに集まってきたイルカとショット オーバー クルーズでのジュゴン、水鳥や
ショット オーバー号の写真などを撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
1.イルカ モンキーマイア 2.イルカとヨット
イルカ モンキーマイア
イルカとヨット
3.口を開くイルカ 4.イルカの餌付け(2回目)
口を開くイルカ イルカの餌付け(2回目)
5.ジュゴンか 6.水鳥
ジュゴン 水鳥
7.ラクダとビーチ 8.ショット オーバー号 
ラクダとビーチ ショット オーバー号


[モンキー マイア Monkey Mia]
1/12(木)  モンキー マイア(7:30分ーら8:10分のイルカの餌付け)→ショット オーバー クルーズ(午前9:30分ー12:30分)→
モンキー マイアのビーチで海水浴(13時ー16時)(16:30発)→(17時,29km)デナム  ヘリテージ シャーク ベイ リゾート デナム泊

1/7−1/18の9泊12日 Tossi,Micchiの個人旅行で、豪州(パーム コーブ、パース、カルバリー、モンキー マイア、デナム、
ピナクルズ、ロッキンハム、ペンギン島 、ロットネスト島)の海、花、野生のイルカ、アシカ、クオッカなどの写真を撮ってきた。

1/12 朝の7:30分頃、浜辺にいくと2頭のイルカが砂浜の直ぐ近くまできていた。レンジャーが説明している間に
イルカの数も増えてきて、8時頃には、8頭のイルカが集まってきた。8:10分頃、イルカの餌付けは終了。
午前9:30分、桟橋でショット オーバー号という双胴艇ヨットに乗り、ショット オーバー クルーズの出発。帆船は、桟橋付近で
モーターを使うだけですぐにエンジンを止め、ボランティアを募って手伝ってもらい一気に帆を揚げる。カタマラン(双胴艇)
ヨットの真ん中にネットが張ってあって、海の上に寝転べる。帆船は安定していて揺れも少ないので船酔いも
全くせずに快適なクルーズだ。11:20分から40分頃の間、水鳥、イルカ、ジュゴンなどを見ることが出来た。
朝のビーチに集まってきたイルカやジュゴン、水鳥やショット オーバーの写真などを撮った。

No.1:イルカ モンキーマイア 朝(7:30分から8:10分)のイルカの餌付けの時に8頭のバンドウ イルカが集まってきた
No.2:イルカとヨット

No.3:口を開くイルカ
No.4:イルカの餌付け(2回目) 午前9:30分から2回目のバンドウ イルカの餌付けを行っていた

No.5:ジュゴンか 11:30分頃、ガイドさんが「ジュゴン」と大声で案内をしてくれた時に撮った写真。
ジュゴンが水面からのびあがったところを後ろの方から撮った場面の模様。
No.6:水鳥

No.7:ラクダとビーチ
No.8:ショット オーバー号 カタマラン(双胴艇)ヨットでのショット オーバー クルーズに参加した


[シャーク ベイ Shark Bay]
(場所)パースから北へ830kmの位置にある。
(交通)パースから飛行機で約2.5時間。長距離バスで、パースからデナムまで約13時間。
(特徴)世界遺産に登録されている(1991年)シャーク ベイは、全長150kmのデナム ハメリン ロードに沿って、
南から、ハメリン プール、ナンガ ベイ、シェル ビーチ、デナム、モンキー マイアなどの見どころが続く。
モンキー マイアでは、野生のイルカを見ることができる「ドルフィン ウォッチング」が人気。
真っ白な貝殻がしきつめられたシェル ビーチ、地球の酸素形成の起源ともいわれている
ストロマトライトのあるハメリン プールもシャーク ベイの人気スポット。

[ハメリン プール Hamelin Pool]
20〜30億年前の太古の海に始めて酸素を送り出したのはストロマトライトと呼ばれる藻類、その頃から地球上に
生息していたストロマトライトが今も見ることができる。岩のように見えるストロマトライトは、微生物の間に石灰砂
などの小さな沈殿物が溜まり、ゆっくりと成長してる生物。この湾では干満による海水の入れ替えがほとんどなく、
塩分も通常の2倍でストロマトライトを餌として食べる天敵の貝やゴカイが生息できないために、広範囲に
ストロマトライトが現存する場所。木製のウォーク ウェイを歩いて見学できるようになっている。

[シェル ビーチ Shell Beach]
真っ白な貝殻がしきつめられたシェル ビーチは、花びらのような小さな貝殻が深さ7〜10m、110kmの長さの
ビーチ一面を覆いつくし、眩しいくらいの白が青い空と一体となって、大自然の美しい光景を作り出している。

[モンキー マイア Monkey Mia]
シャークベイに突き出した半島に位置し、野生のイルカに餌付けできることでも有名な人気の観光スポット。
ドルフィン リゾート前の砂浜には、野生のバンドウイルカが毎日遊びにやってくる。レンジャーの指示のもと、
観光客も直接イルカにエサを与えることができる。
コバルトブルーにきらめく遠浅の海には、300種を超える魚や哺乳類が生息し、世界最大の海藻の森があるなど、
海の生態系のすべてを見ることができる。人魚伝説のモデルとなったジュゴンが1万頭も生息しており、マンタ、
ザトウクジラ、ウミガメも多く住んでいる。
カタマラン(双胴艇)ヨットのショット オーバー号を利用したクルーズは、モンキー マイアの桟橋が発着場所で、
ジュゴンやイルカなどの海の生物の観察に最適。

[デナム Denham]
オーストラリア最西端の街のデナムは、シャーク ベイ観光の玄関口となっている。デナムには、1cm程の
大きさの貝殻のブロックでできたオールド パーラーという予約制のレストランがある。


[豪州(西オーストラリア(WA)花紀行の行程]
1/7(土)  成田(21:20)(JQ)発 ケアンズ(1/8 4:50)着 (レンタカー)ケアンズ空港→パーム コーブ→ケアンズ空港
       ケアンズ(1/8 18:10)(JQ)発 パース(1/8 21:20)着 (レンタカー)パース空港→パース泊
1/9(月)  パース→ジェラルトン(当初予定) パース→サザン クロス→マンデリング(パース郊外)泊(実走行)
1/10(火) マンデリング(パース郊外)→ジェラルトン→カルバリー カルバリー泊
1/11(水) カルバリー→カルバリー国立公園(ホークス ヘッド & ロス グラハム ルックアウト)
       →ハメリン プール海洋保護区→ナンガ ベイ→シェル ビーチ→モンキー マイア泊
1/12(木) モンキー マイア(野生イルカの餌付け、ワイルド ライフ クルーズ)→デナム泊
1/13(金) デナム→セルバンテス→ピナクルズ(ナンバン国立公園)→セルバンテス泊
1/14(土) セルバンテス→ロッキンハム泊→チャーチル パーク(ビーチ)→ロッキンハム泊
1/15(日) ロッキンハム→マーセイ ポイント→(フェリー)ペンギン島→(ロッキンハム ワイルド エンカウンターズ)
       シ−ル島→ペンギン島 ディスカバリー センター→マーセイ ポイント→ロッキンハム泊
1/16(月) ロッキンハム→フリーマントル→(フェリー)ロットネスト島(レンタサイクル)→フリーマントル→パース泊
1/17(火) パース市内観光(キングス パーク、モンガー湖)→パース空港(レンタカー返却) 
       パース(21:50)(JQ)発 ケアンズ(1/18 4:00)着
1/18(水) ケアンズ(13:20)(JQ)発→成田 (20:00)着


[豪州(西オーストラリア(WA)花紀行の詳細日程]:パーム コーブ ページに掲載 




ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ