2012-18.桜2012山梨県 (2)眞原桜並木

眞原(さねはら)桜並木(12.4.18(水)):北杜市の眞原桜並木
眞原桜並木でしだれ桜と甲斐駒ケ岳、スイセンと桜と南アルプスの山などの写真を撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.スイセンとしだれ桜と甲斐駒ケ岳 眞原桜並木  2.スイセンと桜と南アルプスの山
スイセンとしだれ桜と甲斐駒ケ岳 眞原桜並木 スイセンと桜と南アルプスの山
 3.ヒヤシンス スイセン 桜と南アルプスの山  4.白い梅とスイセン
ヒヤシンス スイセン 桜と南アルプスの山 白い梅とスイセン
 5.眞原桜並木  6.しだれ桜と甲斐駒ケ岳
眞原桜並木 しだれ桜と甲斐駒ケ岳
 7.ソメイヨシノと八ヶ岳  8.ミツバツツジ
ソメイヨシノと八ヶ岳 ミツバツツジ


[神代桜]
4/18(水):日野(9時) - 韮崎IC - (11時,121km)神代桜(実相寺)(13時) - (13:10,124km)眞原桜並木(14時) - (14:20,137km)
わに桜(14:50) - (15:15,145km)新府城跡(15:55) - (16時,146km)新府桃源郷(17時) - 韮崎IC - (18:45,259km)日野

青空の下、武川町山高の実相寺の神代桜と南アルプスの山や臥龍桜の子桜とスイセンなどの写真を撮った後、
車で10分程の眞原桜並木に移動。スイセンとしだれ桜と南アルプスの山(甲斐駒ケ岳)、スイセンと桜、
ヒヤシンス スイセン 桜と南アルプスの山、眞原桜並木、ソメイヨシノと八ヶ岳、ミツバツツジなどの写真を撮った。

No.1:スイセンとしだれ桜と甲斐駒ケ岳 眞原桜並木
No.2:スイセンと桜と南アルプスの山

No.3:ヒヤシンス スイセン 桜と南アルプスの山
No.4:白い梅とスイセン

No.5:眞原桜並木
No.6:しだれ桜と甲斐駒ケ岳

No.7:ソメイヨシノと八ヶ岳
No.8:ミツバツツジ


[実相寺の山高(やまたか)神代桜]
(場所)山梨県北杜市武川町山高2763 
   連絡先 北杜市観光協会 
(交通)電車:JR中央線 韮崎駅からバス
(見頃)山高神代桜は樹齢2000年ともいわれるエドヒガンの古木。
1922年にサクラとして初めて国指定の天然記念物になったが、近年、樹勢が急激に衰えた。
2002年〜2006年、弱ったた根に活力を取り戻すため、養分や有用な土壌微生物に富んだ
土に入れ替え、屋根付きの櫓(やぐら)を撤去する等の樹勢回復の工事を行った。
樹高 10.3m、根元幹周り 11.8m(山高神代桜の案内ボードより)。

根尾谷の薄墨桜(岐阜県)、山高神代桜(山梨県)、三春滝桜(福島県)は、樹齢1000年を超える銘木として、
1922年に国指定の天然記念物第1号としてそろって指定されて、日本三大桜といわれている。
訪問した2012年 4/18は山高神代桜が満開の見ごろであった。

[眞原(さねはら)桜並木]
(場所)北杜市武川町眞原3567地内 
   連絡先 北杜市観光協会 
(交通)電車:JR中央線 日野春駅
(見頃)約750mある通りの両側にソメイヨシノ約200本が植えられている。
残雪の甲斐駒ヶ岳など南アルプスの山を背景に撮る写真スポットが人気。
2012年 4/18の訪問した日はソメイヨシノが6分咲き程度。

[わに塚の桜(王仁塚の一本桜)]
(場所)韮崎市神山町北宮地 
   連絡先 韮崎市観光協会 
(交通)電車:JR中央線 韮崎駅
(見頃)樹齢300年のエドヒガン桜。樹高 17m、根回り 3.4m(わに桜の案内ボードより)
塚は「日本武尊の王子、武田王の墓」とも伝えられている。
残雪の八ヶ岳連峰を背景に撮る写真スポットが人気。
2012年 4/18の訪問した日はわに桜は満開の見ごろであった。残雪の八ヶ岳連峰も見えた。

[新府城跡]
(場所)韮崎市中田町中條 
   連絡先 韮崎市観光協会 
(交通)電車:JR中央線 新府駅
(見頃)戦国時代の末期の1581年、武田信玄の息子、武田勝頼が築いた新府城の跡。石垣は使わず、
土塁と堀だけで築かれている。築城するも織田・徳川勢に攻められ、68日で自ら城に火を放ち退去した。
本丸跡にある新府藤武神社は桜の名所で春の桜祭りがある。
訪問した2012年 4/18はソメイヨシノが満開の見ごろであった。

[新府桃源郷(しんぷとうげんきょう)]
(場所)山梨県韮崎市中田町中條 
   連絡先 韮崎市観光協会 
(交通)電車:JR中央線 新府駅
(見頃)山梨県の北西部に位置する約60haの新府桃源郷は、桃の花の開花時期が遅いエリア。
富士山、南アルプス、八ヶ岳などの山々を桃の花と一緒に眺めることができる。
訪問した2012年 4/18は桃の花が満開の見ごろであった。




ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ