2012-36.利尻 (2)姫沼

利尻島 ポン山ー姫沼トレッキングコース(12.7.1(日)):姫沼の湖沼 逆さ利尻富士
姫沼にて逆さ利尻富士、自転車道にてハクサンチドリ、センダイハギ、ヒオウギアヤメなどの写真を撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。

1.逆さ利尻富士 姫沼 2.姫沼
逆さ利尻富士 姫沼
姫沼
3.青いチョウチョ 4.水鳥と姫沼
青いチョウチョ 水鳥と姫沼
5.姫沼ポン山探勝路 案内図 6.ハクサンチドリ
姫沼ポン山探勝路 案内図 ハクサンチドリ
7.センダイハギ 8.ヒオウギアヤメ
センダイハギ ヒオウギアヤメ


[ポン山ー姫沼コース]
7/1(日) 稚内フェリーターミナル(6:30)→(8:10)鴛泊(民宿車)→北麓野営場(8:50,標高 220m)→甘露泉水(9:20)→
(10時)ポン山(10:10,標高 444m)→姫沼への分岐(10:30)→(12:50)姫沼(14時,標高 130m)→(14:15)自転車道
姫沼休息場→(15時)自転車道 富士見休憩所→(16時,4.1km)高山植物展示園(16:30)→(16:50)民宿 花りしり泊

6/30−7/9の9泊10日 Tossi,Micchiで、サロベツ・利尻・礼文・富良野の北海道の夏を楽しんできた。

2日目(7/1)は、稚内 6時30分発のフェリーで利尻島・鴛泊 8:10分着。フェリーからおりてくる「北のカナリアたち」ロケシーン
撮影。出迎えの民宿車にて北麓野営場に移動。ポン山ー姫沼コースのトレッキングスタート(北麓野営場(8:50))、甘露泉水にて
名水の給水。10時ポン山着。ポン山(10:10)発、姫沼(12:50)着、姫沼(14時)発、姫沼休息場から自転車道(4.1km)を歩いて、
16時高山植物展示園着。姫沼にて逆さ利尻富士、自転車道にてハクサンチドリ、センダイハギ、ヒオウギアヤメなどの写真を撮った。

No.1:逆さ利尻富士 姫沼
No.2:姫沼

No.3:青いチョウチョ
No.4:水鳥と姫沼

No.5:姫沼ポン山探勝路 案内図
No.6:ハクサンチドリ 自転車道・森林コース 姫沼橋近くの道端で撮った

No.7:センダイハギ 自転車道・森林コース 姫沼橋近くの道端で撮った
No.8:ヒオウギアヤメ 自転車道・森林コース 富士見大橋手前の道端で撮った


[利尻島(りしりとう)]
(場所)稚内より52km、サロベツの海岸線から約20km西の日本海上に浮かぶ島
(交通)稚内港よりフェリーで約100分
(特徴)利尻島は面積182km2、周囲約60kmの円形の島。「リシリ」はアイヌ語の「リィシリ」(高い山の島)から
転じたもので、利尻山を中心とする火山島。利尻山(標高1,721m)は利尻富士とも呼ばれ、円錐形の
美しい山すそを広げている。高山植物の宝庫でもあり、利尻島の固有種も多く見られる。

[姫沼]
1917年、点在する小沼と湧き水を利用して造られた湖で、ヒメマスを放流したことから名付けられた。原生林に囲まれた
周囲約1km程の小さな湖で散策路が設けられている。天気の良い日には湖面に映る美しい「逆さ富士」が見られる。
北麓野営場(標高 220m)ー甘露泉水(標高 250m)ーポン山(標高 444m)ー姫沼(標高 130m)のトレッキング コースも人気ルート。


[北海道2012(サロベツ・利尻・礼文・富良野)巡りの旅]
6/30(土) 羽田(9:15)(ANA571)→(11:05)稚内(レンタカー)→宗谷岬→サロベツ湿原センター→
オロロンライン→ノシャップ岬→稚内(レンタカー返却) 稚内泊
7/1(日) 稚内(フェリー)→鴛泊(利尻島)→北麓野営場→(トレッキング)ポン山→姫沼→高山植物展示園→鴛泊 利尻泊
7/2(月) 鴛泊→北麓野営場→(登山)利尻岳→北麓野営場→利尻富士温泉→鴛泊 利尻泊
7/3(火) 鴛泊(レンタサイクル)→富士野園地→森林公園(散歩)→沓形岬公園→種富駐輪場→鴛泊 利尻泊
7/4(水) 鴛泊(フェリー)→香深(礼文島)(レンタカー)→高山植物園→スコトン岬→澄海岬→知床→香深(レンタカー返却) 香深泊

7/5(木) 香深→(トレッキング)→桃岩展望台→ベンサシの花園→元地灯台→レブンウスユキソウ群生地→香深 香深泊
7/6(金) 香深(フェリー)→稚内→稚内公園→稚内(13:45)→(17:33)旭川 旭川泊
7/7(土) 旭川(レンタカー)→旭山動物園→上野ファーム→風のガーデン(富良野)→富良野 富良野泊
7/8(日) 富良野→ぜるぶの丘→旭川(レンタカー返却)旭川(13時)→(14:20)札幌→小樽(小樽運河)→札幌 札幌泊
7/9(月) 札幌→新千歳空港(10:30)(Jetstar GK112)→(12:10)(成田)





ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ