2013-23.入笠湿原 (2)ホテイアツモリソウ

入笠湿原のホテイアツモリソウ(13.6.23(日)):入笠湿原のホテイアツモリソウ
入笠湿原のホテイアツモリソウ、ショウキラン、ニッコウキスゲ、グンナイフウロの花などの写真を撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.ホテイアツモリソウ 入笠湿原  2.恋人の聖地
ホテイアツモリソウ 入笠湿原 恋人の聖地
 3.ショウキラン  4.ニッコウキスゲ
ショウキラン ニッコウキスゲ
 5.入笠山案内図  6.キバナノヤマオダマキ
入笠山案内図 キバナノヤマオダマキ
 7.ササバギンラン  8.グンナイフウロ
ササバギンラン グンナイフウロ


[入笠湿原(ニュウカサシツゲン)]
6/22(土):日野 -諏訪南IC -鷹山ファミリー牧場 -女神湖 - 蓼科泊
6/23(日):蓼科 - (10:15)蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン(12時) - (12:30)富士見パノラマリゾート -
      入笠湿原 - 富士見パノラマリゾート(15:45) - (16:30、64km)清里泊
6/24(月):清里(9:35) - (11時)甘利山広河原駐車場 - 甘利山 -甘利山広河原駐車場(12-50) - 韮崎IC - (15時)日野
     
入笠湿原のホテイアツモリソウ、ショウキラン、ニッコウキスゲ、キバナノヤマオダマキ、ササバギンラン、
グンナイフウロの花などの写真を撮った。

No.1:ホテイアツモリソウ 入笠湿原
No.2:恋人の聖地

No.3:ショウキラン
No.4:ニッコウキスゲ

No.5:入笠山案内図
No.6:キバナノヤマオダマキ

No.7:ササバギンラン
No.8:グンナイフウロ


[蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン]
(場所)茅野市北山栗平5047 
(交通)電車:JR中央本線茅野駅よりバスで25分
(特徴)蓼科のビーナスライン沿いにある、1991年オープンの約1万平方メートル本格的な英国式庭園。
各種のバラや英国より移植された他の植物との調和も見事。

[入笠湿原(ニュウカサシツゲン)]
(場所)長野県富士見町富士見入笠 入笠湿原 
(交通)電車:JR中央本線富士見駅から諏訪バス入笠山行き(6月中旬から7月上旬のみ運行)で終点「入笠山」下車
(特徴)富士見パノラマリゾートのゴンドラを利用しての入笠山周辺の散策は素晴らしく、春から秋にかけて季節の
花を楽しむことができる。入笠湿原のすずらん自生地には80万株のスズランの大群生地。6月には、レンゲツツジ、
釜無アツモリソウなども咲く。八ヶ岳展望台からは、八ヶ岳、富士山、甲斐駒ケ岳などの絶景が広がる。


[甘利山(アマリヤマ)]
(場所)韮崎市旭町上条北割 
(交通)電車:JR中央本線韮崎駅よりタクシー
(特徴)山梨県韮崎市と南アルプス市との境界にある標高1,731mの甘利山は山梨百名山の一つで、約15万株の
レンゲツツジの大群落が山頂一帯を赤く染める。頂上近くの駐車場まで、山梨県道613号甘利山公園線が通じて
いる(12/1から4月末まで冬期通行止め)。甘利山広河原駐車場から徒歩30分ほどで甘利山山頂に到着する。




ご意見/ご感想はこちらまで

花紀行のトップページへ