2013-6.トンガリロ クロッシング (1)マンガテポポ サドル

トンガリロ クロッシング(13.1.9(水)):トンガリロ クロッシングとナウルホエ山
ナウルホエ山、マンガテポポ バレー トラックの木道とコバノコゴメグサ、パラヘーベ、
エバーラスティング デージー、ニュージーランド ブルーベルの花などの写真を撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大画像(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.ナウルホエ山 マンガテポポ サドル  2.マンガテポポ サドルの案内板
ナウルホエ山 マンガテポポ サドル マンガテポポ サドルの案内板
 3.コバノコゴメグサ ゴマノハグサ科  4.マンガテポポ バレー トラックの木道
コバノコゴメグサ ゴマノハグサ科 マンガテポポ バレー トラックの木道
 5.パラヘーベ Parahebe  6.白い花
パラヘーベ Parahebe 白い花
 7.エバーラスティング デージー Everlasting Daisy  8.ニュージーランド ブルーベル New Zealand Bluebell
エバーラスティング デージー Everlasting Daisy ニュージーランド ブルーベル New Zealand Bluebell


[トンガリロ クロッシング Tongariro Crossing Track Tongariro Northern Circuit]
1/7(月) ワイトモ(9:30)→ファカパパ ビジター センター DOC(13:35)→(ハイキング,15:35)
タラナキ滝→(17:05)DOC(17:25)→(17:50,24km)ザ パーク トラベラーズ ロッジ泊
1/8(火) ロッジ(7時)→ファカパパ ビレッジ(9:35)→(10:20)ロッジ(13:20)→(13:40)Erua 環境保護地区(14:30)
→(15時)DOC(15:35)→(15:40)タウハイ滝(16:25)→(16:35)ザ パーク トラベラーズ ロッジ泊

1/9(水) ロッジ(6:30)→(6:50,15km)ファカパパ ビレッジ(7時)→(バス)(7:30)マンガテポポ駐車場(標高1120m 7:40)
(トンガリロ クロッシング トレッキング)→マンガテポポ サドル(標高 1650m10:15)→(11時)レッド クレーター頂部
(標高1900m, 11:45)→(15:20,8km)マンガテポポ駐車場(16時)→(バス)(16:20)DOC(16:30)→
(16:50)マウント ルアペフへのリフト乗り場(16:55)→(17:15)ザ パーク トラベラーズ ロッジ泊

1/5−1/16の10泊12日 Tossi,Micchiの個人旅行で、ニュージーランド北島(ワイトモ、トンガリロ国立公園、
タウポ、ロトルア、フィティアンカ、オークランド)の山、海、花、地熱地帯、間欠泉などの写真を撮ってきた。

1/9 バスでマンガテポポ駐車場着、7:40分 トンガリロ クロッシングのトレッキング開始。晴天の下、
ソーダ スプリングスをすぎ、10:10分 マンガテポポ サドル着。なだらかなサウスクレーターを通り過ぎ、
坂を登り始めたところで、強風が吹き始めた。登り切って、トレッキ ングの最高地点のレッド クレーター
頂部 11時着(標高1900m)。眼下には青緑色に輝くエメラルド湖、その先のブルー湖が見える。右手には
真っ赤な岩肌のレッド クレーター、後ろにはナウルホエ山が見える素晴しい景観だ!

エメラルド湖とブルー湖を見ながら、昼食。2013年1月の訪問時は、エメラルド レイクからケテタイ温泉の
間は、火山活動による危険性大のため、閉鎖されていた。11:45分 レッド クレーター発、マンガテポポ サドル、
ソーダ スプリングスをすぎ、15:20分 マンガテポポ駐車場着。16時の迎えのバスに乗って、16:20分 DOC着。
ナウルホエ山、マンガテポポ バレー トラックの木道とコバノコゴメグサ、パラヘーベ、
エバーラスティング デージー、ニュージーランド ブルーベルの花などの写真を撮った。


No.1:ナウルホエ山 マンガテポポ サドル ナウルホエ山への登頂ルート(標高差 約500m)の分岐点
No.2:マンガテポポ サドルの案内板 右 マンガテポポ駐車場 4.4km 1hr 左 トンガリロ アルパイン クロッシング
   ケテタイ駐車場 14.9km 5hr30min 手前 ソーダ スプリングス 300m 5min

No.3:コバノコゴメグサ ゴマノハグサ科 or アルパイン アイブライト Euphrasia monroi
No.4:マンガテポポ バレー トラックの木道 Mangatepopo Valley Track

No.5:パラヘーベ(Parahebe) Parahebe hookeriana ゴマノハグサ科
No.6:白い花

No.7:エバーラスティング デージー(Everlasting Daisy) Helichrysum bellidioides キク科
No.8:ニュージーランド ブルーベル(New Zealand Bluebell) Wahlenbergia Albomarginata キキョウ科


[トンガリロ国立公園 Tongariro National Park]
(交通)オークランドからトンガリロ国立公園まで、インターシティで約6時間
(特徴)ニュージーランドの北島にある面積8万ヘクタール弱のトンガリロ国立公園は、ユネスコの世界遺産
(複合遺産)に登録されている。この地の先住民であるマオリの酋長は、自分達の聖地を 入植者に荒らされない
ように、国立公園とすることを条件に、土地を国に提供したことで、1894年ニュージーランド初の国立公園となった。
ルアペフ、トンガリロ、ナウルホエの3山は、いずれも活動中の火山。最高峰のルアペフ山(2,797 m)、富士山に
似た稜線を持つナウルホエ山(2,291 m)、またトンガリロ山(1,967 m)には、エメラルド色に輝く火山湖がある。

[トンガリロ クロッシング Tongariro Crossing Track Tongariro Northern Circuit]
トンガリロなどの山岳地帯を縦走するコースは、トンガリロ クロッシングと呼ばれ、人気が高い。
歩行距離17km、所要約8時間、トンガリロ国立公園南の起点マンガテポポから、北側のケテタイの間を縦走する。
この17kmの間にサウス クレーター、レッド クレーター、エメラルド レイク、ブルー レイク、ケテタイ温泉等がある。
サウス クレーターを通り過ぎると、急な登り坂になり、強風の吹くレッド クレーターへ。登りきった地点がクロッシング
の最高地点。後ろには富士山に似たナウルホエ山が、目の前には3つのエメラルド湖が広がる景観は素晴しい。

2013年1月の訪問時は、エメラルド レイクからケテタイ温泉の間は、火山活動による危険性大のため、閉鎖されていた。
マンガテポポ駐車場ーレッド クレーターの往復、16km、6.5時間がトンガリロ クロッシングのコースとなっている。
また、2013年1月の時は、通常の車は、マンガテポポ ロードには、入ることが出来なくなっていて、
ファカパパ等からマンガテポポ駐車場には、バスで移動する。

[タラナキ滝 Taranaki Falls]a
トンガリロ国立公園のトレッキングコースのなかでも人気が高く、気軽に歩けるタラナキ滝コースは、ファカパパ
ビレッジから往復2時間。ファカパパ ビレッジからは2本のルートがあり、落差20mのタラナキ滝付近で合流している。
山側ルート(Upper Track)は主に広々とした草原地帯、下側ルート(Lower Track)は渓流沿いを歩く。


[北島 花紀行の行程]
1/5(土) 成田(18:30)(Air New Zealand(Air NZ))発
1/6(日) オークランド(12:35)着 。空港にてレンタカーを借りる
    オークランド空港(13:55)発→(17:30,180km)ワイトモ ツチボタル鍾乳洞見学 ワイトモ泊

1/7(月) ワイトモ→(142km)ザ パーク トラベラーズ ロッジ→DOCのファカパパ ビジター センター→
   (ハイキング)タラナキ滝→DOC→トンガリロ国立公園泊
1/8(火) Erua 環境保護地区、DOC、タウハイ滝 トンガリロ国立公園泊

1/9(水) DOC→(バス)マンガテポポ駐車場→(トンガリロ クロッシング トレッキング)→レッド クレーター頂部
    →(8km)マンガテポポ駐車場→(バス)DOC→)トンガリロ国立公園泊

1/10(木) ロッジ→(99km)タウポ フカ滝、フカ プロウン パーク タウポ泊
1/11(金) タウポ→ワイキテ バレー サーマル プール→ワイオタプ サーマル ワンダーランド→(96km)ロトルア
     ポリネシアン スパ ロトルア泊
1/12(土) テ プイア、レインボー スプリングス、ノンゴタハ山 ロトルア泊

1/13(日) ロトルア→ワイヒ→タイルア→(228km)フィティアンガ、バッファロー ビーチ フィティアンガ泊
1/14(月) フィティアンガ→(189km)オークランド ウエスタン スプリングス公園、オークランド動物園 オークランド泊
1/15(火) ミル ベイ、フーヤ、アラタキ ビジター センター、カレカレ ビーチ オークランド泊
1/16(水) オークランド空港(レンタカー返却(延べ1444km)) オークランド(9:15)(Air NZ)発→(16:25)成田着


[NZ北島 花紀行の詳細日程]:ワイトモ ページに掲載



ご意見/ご感想はこちらまで

花紀行のトップページへ