2015-44.ニセコ (3)神仙沼

ニセコ 神仙沼(15.6.26(金)) :神仙沼のミツガシワ
神仙沼へのハイキングにて神仙沼、ミツガシワ、チングルマ、エゾシモツケ、木道周回
コース、神仙沼自然休養林 案内板、神仙沼 長沼 案内板などの写真を撮った。

写真1、3、5、7をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。

1.神仙沼 2.神仙沼 赤エゾ松
神仙沼
神仙沼 赤エゾ松
3.ミツガシワ 4.チングルマ
ミツガシワ チングルマ
5.エゾシモツケ 6.木道周回コース
エゾシモツケ 木道周回コース
7.神仙沼自然休養林 案内板 8.神仙沼 長沼 案内板
神仙沼自然休養林 案内板 神仙沼 長沼 案内板


[ニセコ]
6/26(金) 積丹 観光旅館北海(9時)→(12:20分,113km)大谷地駐車場→(トレッキング)→(14:10分)
大谷地展望台→(14:30分)神仙沼駐車場(ハイキング)→神仙沼→(15:40分)神仙沼駐車場→(16:10分)
五色温泉(ハイキング)→五色温泉橋→五色温泉(16:50分)→(17:15分,145km)ヒルトンニセコビレッジ泊


6/23−6/30の7泊8日 Tossi,Micchiで、支笏湖・洞爺湖・定山渓・積丹・ニセコ・大沼公園・
函館の北海道の夏を楽しんできた。

4日目(6/26)は、9時 観光旅館北海発、12:20分 ニセコ 大谷地駐車場着。大谷地湿原におりて、大沼
に向けてトレッキング。大沼の展望できるところで、大沼の写真を撮った後、同じ道を戻り、14:10分
大谷地駐車場着。次にレンタカーで神仙沼駐車場に移動。駐車場から散策木道で徒歩約20分の
神仙沼までハイキング。神仙沼、ミツガシワ、チングルマ、エゾシモツケ、木道周回コース、
神仙沼自然休養林 案内板、神仙沼 長沼 案内板などの写真を撮った。


No.1:神仙沼
No.2:神仙沼 赤エゾ松

No.3:ミツガシワ
No.4:チングルマ

No.5:エゾシモツケ
No.6:木道周回コース

No.7:神仙沼自然休養林 案内板
No.8:神仙沼 長沼 案内板


[ニセコ]
(場所)ニセコ:北海道岩内町、共和町、倶知安町、ニセコ町、蘭越町からなる山岳丘陵地域
(交通)JRニセコ駅
(特徴)「えぞ富士」と呼ばれる稜線の美しい羊蹄山を望み、ニセコアンヌプリなどニセコ連山の
裾野に広がる倶知安町、ニセコ町を中心とするエリア。夏はトレッキング、冬はスキーのメッカ。
ニセコ五色温泉からニセコ大沼を経てフサスギナが自生する大谷地を横断し、神仙沼へと至るニセコ沼
めぐりのトレッキングコースは、新緑、高山植物、紅葉等を楽しむことができるハイカーに人気のコース。

[大沼]
(特徴)ワイスホルン、ニトヌプリに囲まれた大沼は、海抜842m。面積0.08平方km、最大水深15m、
湖岸線延長1.2kmの火山湖。道道66号線パノラマライン沿いの大谷地駐車場まで、徒歩約50分。

(大谷地(おおやち))ニセコパノラマライン沿いの大谷地駐車場から右手に広がる大谷地は
エゾキンバイ、ヒオウギアヤメなどの高山植物や希少なフサスギナなどが楽しめる、
山の合間に広がった自然のままの湿原地帯。

(神仙沼(しんせんぬま))海抜765m。面積0.01平方km、湖岸線延長0.5kmの神仙沼は神仙沼自然休養林
休憩所入口から散策木道で徒歩約20分。高山植物群や赤エゾ松に囲まれた水面が美しい。
周りに広がる湿原には池塘が散在し、ニセコ山系の中では、もっとも美しく神秘的な沼。


[北海道2015(支笏湖・洞爺湖・定山渓・積丹・ニセコ・大沼公園・函館)巡りの旅]
6/23(火) 羽田(10:15)(AIRDO3103)→(11:45)千歳(レンタカー)→支笏湖→洞爺湖 洞爺湖泊
6/24(水) 洞爺湖→レークヒル ファーム→豊平峡→定山渓 定山渓泊
6/25(木) 定山渓→ニッカ余市蒸留所→積丹 黄金岬→神威岬→積丹岬→積丹 積丹泊
6/26(金) 積丹→大谷地展望台→(トレッキングハイキング)→大谷地展望台→神仙沼駐車場
(ハイキング)→神仙沼→神仙沼駐車場→五色温泉(ハイキング)→五色温泉橋→ニセコ ニセコ泊
6/27(土) ニセコ→せたな町 太田神社→せたな せたな泊

6/28(日) せたな→江差→松前城→大沼公園  大沼公園泊
6/29(月) グリーンピア大沼→大沼公園→恵山岬→森林浴コース トレッキング→賽の河原駐車場
→賽の河原 ハイキング→恵山岬 恵山岬泊
6/30((火) 恵山岬→トラピスチヌ修道院→函館(レンタカー返却)→
函館 スーパー白鳥24 12:04→14:23新青森はやぶさ24号 14:38→17:38大宮→日野




ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ