2015-23.ヌメア

ヌメアのココティエ広場(15.1.5(月):ヌメア ココティエ広場の火炎樹
ヌメア中心部のココティエ広場の火炎樹とツリー、セント ジョセフ大聖堂、図書館と
豪華客船、トントゥータ国際空港の待合室で木彫りの写真等を撮った。

写真1、3、5をクリックすると、拡大画像(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.火炎樹 ヌメア  2.ココティエ広場と火炎樹(フランボワイヤン)
火炎樹 ヌメア" ココティエ広場と火炎樹(フランボワイヤン)
 3.セント ジョセフ大聖堂(Saint Joseph's Cathedral)  4.セント ジョセフ大聖堂と階段
セント ジョセフ大聖堂(Saint Joseph's Cathedral) セント ジョセフ大聖堂と階段
 5.ココティエ広場のツリー  6.Bernheim 図書館
ココティエ広場のツリー Bernheim 図書館
 7.豪華客船  8.トントゥータ国際空港の待合室
豪華客船 トントゥータ国際空港の待合室


[メトル島 Ilot Maitre Mettoru Island]
1/8(木) ホテル(8:50) → (9:10)イル デ パン(9:30 TY402)→(10:00)マジェンタ (タクシー) → (11時)チバウ文化センター
(バス) → (13:30)マジェンタ (15:30 TY317) → (16:10)ウベア (ホテルの迎車) → (17時)ホテル パラディ ド ウベア泊
1/9(金) ホテル(9:30) (徒歩) → (9:50) Marine ショップ → (10:20)グラスボート ツアー →
レキンの絶壁、スノーケリング → (12:10) Marineショップ近くのビーチ →(徒歩)(12:40)ホテル(14時)
(レンタサイクル) → (14:40)ムリの教会(15時) → (16時)ムリ橋近くのムリビーチでスノーケリング(17時)
→ (17:10)ホテル パラディ ド ウベア泊

1/10(土) ホテル(9時) (送迎車) → (9:20)ウベア(10:10 TY308) → (10:50)マジェンタ (バス) → ヌメア 長距離
バスターミナル (バス) → ファン ビーチ (12:10 タクシーボート) → (12:30)メトル島 スノーケリング
メトル島 エスカペード アイランド リゾート泊

1/11(日) ホテル (タクシーボート 10時) → (10:20)ファン ビーチ (タクシー) → Hertz ヌメア営業所 (レンタカー)
→ ホテル(ル メリディアン ヌメア) ホテル前のビーチでスノーケリング アンスバタ ル メリディアン ヌメア泊
1/12(月) ホテル (11時) (徒歩) プラージュ ロワジール(11:30 タクシーボート) → (11:35)カナール島
スノーケリング (14時 タクシーボート) → (14:05)プラージュ ロワジール (徒歩)→ アンスバタ ル メリディアン ヌメア泊

1/4−1/14の9泊11日 Tossi,Micchiの個人旅行で、イル デ パンとウベア島、メトル島、カナール島、アンスバタ
などのニューカレドニアの旅を楽しむとともに海の景色や花の写真を撮ってきた。

1/5(月) マジェンタ空港行きのバスに乗る前に、ヌメア中心部のココティエ広場の火炎樹とツリー、
セント ジョセフ大聖堂、Bernheim 図書館などの写真を撮った。
1/13(火) ヌメアの新客船ターミナルから豪華客船を撮った。また、成田への帰国便を待っている間に
トントゥータ国際空港の待合室で木彫りの写真を撮った。


No.1:火炎樹(火焔樹) フランボワイヤン(Flamboyant) Fire Tree(英名) ヌメア ココティエ広場に咲いていた 
No.2:ココティエ広場と火炎樹(フランボワイヤン)

No.3:セント ジョセフ大聖堂(Saint Joseph's Cathedral)
No.4:セント ジョセフ大聖堂(Saint Joseph's Cathedral)と階段

No.5:ココティエ広場のツリー
No.6:Bernheim 図書館 ココティエ広場から徒歩5分の場所にある

No.7:豪華客船 新客船ターミナル(Gare Maritime)から1/13に撮った
No.8:トントゥータ国際空港の待合室 1/13 帰国便を待っている時に撮った


[メトル島 Ilot Maitre Mettoru Island]
首都ヌーメアから南南西へ6km沖合いのメトル島には、アンスバタからタクシーボートで行ける(4.5km)。
ファン ビーチ前からタクシーボートで15分で行ける。島全体が「エスカペード アイランド リゾート」からなっている。
4つ星のリゾートホテル「エスカペード アイランド リゾート」は、水上バンガローを持つ人気のリゾートホテル。
客室は、水上バンガローと緑に囲まれたガーデンバンガローの2タイプ。夕食はフランス料理のバイキング。
きれいなビーチで珊瑚礁もきれいなので、スノーケリングで熱帯魚も楽しめる。

[カナール島 Ile aux Canards Duck Island]
アンス バタから500mほどの無人島のカナール島には、アンス バタ ビーチのプラージュ ロワジールから
タクシーボートで5分で行ける(予約不要)。
綺麗なビーチで浅瀬からの珊瑚礁も綺麗なので、シュノーケリングにも最 適。

[チバウ文化センター Centre Culturel Jean-Marie Tjibaou]
レンゾ ピアノにより設計され、1998年公開のチバウ文化センターには、カーズと呼ばれる巻貝の
ような形をしたカナックの伝統家屋を再現した建物が10棟建っている。館内には南太平洋諸国の
現代美術やマスクや武器などの 展示がされていて、先史時代より今日までのカナック文化を観察できる。

[ヌメア Noumea]
国の総人口の約4割が暮らしているニューカレドニアの首都のヌメアでは、道路が碁盤の目状に走っていて、
市内路線バスなど交通機関も充実している。白壁とオレンジ色の屋根の建物やカラフルなビルなどが
点在する。ヌメア市民の憩いの場であるココティエ広場やヌメアのシンボル的存在である
セント ジョゼフ大聖堂、エフ オー エルの丘、ローカルな雰囲気の朝市などがおすすめスポット。


[ニューカレドニア花紀行の日程]:
1/4(日) 成田(12:15 SB801)発 ヌメア(23時)着 トントゥータ国際空港 バス→ホテル アンスバタ泊
1/5(月) ホテル(13:30)(バス) → ココティエ広場 セント ジョセフ大聖堂 →長距離バスターミナル (バス)
→マジェンタ国内空港 マジェンタ(17:50 TY417)→(18:20)イル デ パン (ホテルの迎車)→ホテル イル デ パン泊
1/6(火) ホテル(10:10) (タクシー) → (10:30)シェ レジス近くの駐車場 (徒歩) ピッシンヌ ナチュレル スノーケリング 
→ 駐車場(13:30) (タクシー) バオ村の教会、サンモーリスの上陸記念碑→ ホテル イル デ パン泊
1/7(水) ホテル(9:30)ノンカウイ島 クルーズ → (10時)ノンカウイ島(11時)→ (11:35)ブラウ島
シーフードのランチ スノーケリング (15時) → (15:10)クト湾 クト ビーチで海水浴 イル デ パン泊

1/8(木) ホテル(8:50) → (9:10)イル デ パン(9:30 TY402)→(10:00)マジェンタ (タクシー) → (11時)チバウ文化センター
(バス) → (13:30)マジェンタ (15:30 TY317) → (16:10)ウベア (ホテルの迎車) → (17時)ホテル ウベア泊
1/9(金) ホテル(9:30) (徒歩) → (9:50) Marine ショップ → (10:20)グラスボート ツアー →
レキンの絶壁、スノーケリング → (12:10) Marineショップ近くのビーチ →(徒歩)(12:40)ホテル(14時)
(レンタサイクル) → (14:40)ムリの教会(15時) → (16時)ムリの橋近くのビーチでスノーケリング(17時)
→ (17:10)ホテル ウベア泊

1/10(土) ホテル(9時) (送迎車) → (9:20)ウベア(10:10 TY308) → (10:50)マジェンタ (バス) → ヌメア 長距離
バスターミナル (バス) → ファン ビーチ (12:10 タクシーボート) → (12:30)メトル島 スノーケリング メトル島泊
1/11(日) ホテル (タクシーボート 10時) → (10:20)ファン ビーチ (タクシー) → Hertz ヌメア営業所 (レンタカー)
→ ホテル(ル メリディアン ヌメア) ホテル前のビーチでスノーケリング アンスバタ泊

1/12(月) ホテル (11時) (徒歩) プラージュ ロワジール(11:30 タクシーボート) → (11:35)カナール島
スノーケリング (14時 タクシーボート) → (14:05)プラージュ ロワジール (徒歩)→ ホテル アンスバタ泊
1/13(火) ホテル(9:30) (レンタカー) → (9:40)ウアントロの丘(9:50) → (10:10)ラグーン水族館 →
(11:50) ホテル(13:30) → ヌメア郊外 → ヌメア (15:30)カジノ スーパーマーケット(16:30) →
(17:30)トントゥータ国際空港 レンタカー返却
1/14(水) ヌメア(1:15 SB800)発→(8:10)成田着




                  ご意見/ご感想はこちらまで
          
                  花紀行のトップページへ