2019-29.日光の紅葉 (1)湯滝

日光の紅葉 (19.11.5(火) 6(水)):日光の紅葉 湯滝
観瀑台 滝壺から湯滝を見上げて、湯滝や紅葉などの写真を撮った。
写真1、3、5をクリックすると、拡大写真(640×480ピクセル)を表示できます。
 1.湯滝 日光  2.観瀑台からの湯滝
湯滝 日光 観瀑台からの湯滝
 3.青空と黄色の紅葉  4.自然研究路入口
青空と黄色の紅葉 自然研究路入口
 5.奥日光案内図  6.紅葉
奥日光案内図 紅葉
 7.紅葉と青空  8.青空と紅葉
紅葉と青空 青空と紅葉


[日光 湯滝 戦場ヶ原 竜頭の滝 中禅寺湖 華厳の滝]
11/5(火):日野 - 東武日光(9:45) - (バス) - (11時)湯滝入口(11:40) -
(バス) - (11:50)三本松- 戦場ヶ原 展望台(12:30) - (徒歩)- 赤沼(12:53)-
(バス)- (12:55)滝上- (徒歩)- 竜頭の滝(13:21)- (13:25)菖蒲ヶ浜- (徒歩)
- 中禅寺湖 - (14時)二荒山神社中宮祠(14:30) - (徒歩) - (15時)華厳ノ滝
- 中禅寺温泉(16時) - (バス)- (17時)JR日光駅- 日光ステーション
ホテルクラシック宿泊

11/6(水):JR日光駅(8:30) - (8:40)総合会館前 - (9:50)輪王寺- (10:05)
日光東照宮(10:40) - 総合会館前 - 東武日光駅- 日野

11/5 東武日光駅前で、9:45分発の湯元温泉行きのバスに乗り、11時
湯滝入口で降りて、徒歩5分程で、観瀑台着。滝壺から湯滝を見上げて、
湯滝や紅葉などの写真を撮った。


No.1:湯滝 日光
No.2:観瀑台からの湯滝

No.3:青空と黄色の紅葉
No.4:自然研究路入口 湯滝から戦場ヶ原の赤沼までの自然研究路(湯川沿う)

No.5:自然研究路入口
No.6:奥日光案内図

No.7:紅葉と青空
No.8:青空と紅葉


[湯滝(ゆだき)]
(場所)栃木県日光市奥日光地域
(交通)東武日光駅東武バスで湯滝入口まで約80分 
(見頃)
落差50m、幅25mの湯滝(標高 1475m)は、華厳ノ滝、竜頭ノ滝と並んで
奥日光三名瀑のひとつ。湯の湖の水が湯川となって流れ出る落ち口に
かかっている湯滝を滝壺の観瀑台から見上げる景観は素晴らしい。
自然研究路は湯滝観瀑台から戦場ヶ原の西のはしを流れる
湯川に沿って、赤沼まで約4.5kmほぼ2時間の道のり。


[竜頭ノ滝(りゅうずのたき)]
(場所)栃木県日光市中宮祠
(交通)東武日光駅東武バスで竜頭の滝まで約60分
(見頃)男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって
流れ落ちる竜頭ノ滝(標高 1350m)。幅10mほどの階段状の岩場を勢い
よく流れる渓流爆。滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が
竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれている。

[華厳ノ滝(けごんのたき)]
(場所)栃木県日光市中宮祠
(交通)東武日光駅東武バスで乗車約40分中禅寺温泉下車、徒歩約5分。 
(見頃)落差 97m. 滝幅 7mの華厳ノ滝(標高 1255m)は、中禅寺湖の水が、
高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝。エレベーターで
行ける観爆台から間近で見る滝つぼは迫力満点。

[日光二荒山神社中宮祠(にっこうふたらさんじんじゃちゅうぐうし)]
(場所)栃木県日光市中宮祠2484
(交通)東武日光駅東武バスで二荒山神社中宮祠まで約45分
(見頃)男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山
本社の中間にある標高1285mの日光二荒山神社中宮祠は、中禅寺湖の
北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社である。本殿右側には
山頂奥宮への登拝門があり、ここから男体山に登ることができる。

[日光東照宮]
(場所)栃木県日光市山内2301栃木県市原
(交通)東武日光駅東武バスで5分神橋下車、徒歩8分 
(見頃)世界遺産「日光の社寺」の1つの日光東照宮は徳川家康がまつ
られた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光
による「寛永の大造替」で建て替えられたものである。境内には国宝8棟、
重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並ぶ。世界文化遺産に登録
されている社殿群には、五重塔、表門、三神庫、神厩舎三猿、陽明門、
唐門など、江戸時代の建築美を代表する文化財が残されている。

[日光山輪王寺(りんのうじ)]
(場所)栃木県日光市山内2300
(交通)東武日光駅東武バスで5分神橋下車、徒歩5分
(見頃)天台宗の門跡寺院である輪王寺は、東照宮、二荒山神社とあわ
せて「二社一寺」と称される。輪王寺の境内は東照宮、二荒山神社の
境内とともに「日光山内」として国の史跡に指定され、「日光の社寺」
として世界遺産に登録されている。
日光山輪王寺はお堂や塔、15の支院全体の総称。天台密教で造られた
三仏堂は、日光山の総本堂であり、1645年、3代将軍の徳川家光公に
よって再建された。大仏三仏堂の本尊は、の千手観音 阿弥陀如来
馬頭観音3体の仏様。



ご意見/ご感想はこちらまで


花紀行のトップページへ